学校で学ぶということ−やりがいと喜び−

WEB系スクールに通っていた時の話だ。
WEBサイトを構成するページの管理や制作を担当しているという講師の作業を、少しだけではありますが実際に体験させてもらった経験があります。
WEBサイトの構築を依頼主に頼まれて依頼主が希望するWEBサイトを構築していくわけですが、なかなか条件や消費者の好みだけではなく時代にマッチしたWEBの流行なども取り入れなければならないということで難しい作業だと実感しました。
WEBサイトを見て、そこから消費者に訴えかけるデザインを生み出せる感性と技術を身につけるためにWEB系スクールに通っていたわけですから、グラフィックデザインの勉強にもなりました。
WEB構築の基礎を十分に理解するには、やはり専門分野ごとに分かれているWEB系のスクールに通っていたことが良かったと思います。
今の時代なんか資格を誰もが思ってはいるのでしょうが、タダの紙切れの資格より時代にマッチした実用性のあるWEB系スクールでの勉強をしてFlashサイトの設計からデザインやアニメーションまでを企画や制作が出来るようになれば、今の時代、仕事も多いそうです。
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2016学校で学ぶということ−やりがいと喜び−.All rights reserved.